京都御室仁和寺   ち らく あん
     智楽庵  
古清水について
 

 京焼は、古く平安朝期に始まり、桃山時代、洛東東山山麓粟田口に

拡がり数多くの名工を輩出しました。
 
 明治期以降の京焼【古清水】には、仁清、乾山のほか粟田口、
岩倉山、清閑寺、御菩薩、等と呼ばれるものがあり、
華やかな色絵と並んで、清楚な錆絵と染付併用の手法を特色
としているものが多く見られます。
これらの作品は、初期京焼の錆絵と染付を併用した、
清楚な作風の再現をめざし制作したものです。
 
 
お問い合わせは、こちら